増田(maskin)真樹について

TechWave編集長

1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。


8才でクリエイター、12才で起業。18才でライター。道具としてのIT/ネットを追求し、世界の先端シーンに身を置きつつ生み伝えることを生業として今ここに。

1980年代末 執筆活動およびネットメディアクリエイターとして活動開始。1990年代は独立系R&D企業にて、ネットワーク関連ハード&ソフトのマーケティング部責任者として活動。 シリコンバレーに頻繁に通い、ベンチャー起業等と提携し国内販売網を開拓する。Iotからソフトウェア、店舗運営まで独自企画の製品をプロデュース、世界大手ソフト企業などとも協業を展開する。

個人の活動においてはネットメディアを活用したIoT企画やそれを応用したアート活動が評価され世界的写真家Rick Smolanによる作品集「CyberSpace in 24hours」の数少ない日本人被写体として現MITメディアラボ所長 伊藤穣一氏らと出演。

1996年独立後、アスキー、日経BP、インプレス、毎日コミュニケーション、ソフトバンク、日経新聞など多数のIT関連雑誌で執筆活動を再開。週刊アスキー特集「○○の全て」シリーズを確立するなどITテクノロジー啓蒙の分野で一定の成果を挙げる。1998年に米国シリコンバレーで個人向け証券情報サー ビスベンチャーの立ち上げに参画。サービスローンチ後帰国。

ネットエイジでコンテンツディレクターとして複数のスタートアップに関与、関心空間(取締役)でビジネス領域の拡大、ソニーのブログ等ネットメディア立ち 上げ(アドバイザー)、リニューアルプロジェクトとしてNILEPORT、@cosmeなどに関与。その他、多数のブログサービスやSNSのサイトで立ち上げに関与。坂本龍一さん等が参加するcodeのブログなどの運営なども。休眠後、大手携帯キャリア公式ニュースポータルサイトの立ち上げで編集デスクとしてゼロから数億PV/月に育てる。

2010年1月、元時事通信編集委員 湯川鶴章氏のTechWaveに参画、同年10月副編集長。2013年にTechWave編集長に就任。独自視点の新興メディアとして事業開発などを手が ける。 2014年2月、アプリ紹介メディアの世界大手Softonicの日本編集長に就任。グローバルチーム一員として日本→世界のプロジェクトで活動。2015年11月、フリーに

変化し続ける高エネルギー生命体
@宇都宮ー地方から全国、世界へを体現中。

 

コンタクトはこちら

maskin [at] metamix.com
PGP Finger Print: 7F06 BDC8 3DAE 2234 855C 9382 16BB 6D36 C3F3 5992

Skype: maskin0
LinkedIn: maskin
WeChat: maskin0

住所はこちら

・MetaMix増田真樹事務所
Facebookのお知り合いにのみ公開しております

Posted by maskin


PAGE TOP